ラフティングに関する情報が満載!

ラフティングを楽しむ

ラフティングの服装、自分で何を用意すればよい?

ラフティングとは、チューブでできた楕円形のゴムボートに乗り、急流を下るレジャースポーツのことです。
ラフティングを行う際、服装に注意が必要です。
急流を下るため、水しぶきがかなり身体にかかります。
またラフティング会社のインストラクターさんの方針によっては、途中で岩場にあがり、川へ飛び込むプランが組み込まれていたり、わざと急流にボートをぶつけ、転覆させたりして、よりアクティブにツアーを構成することもあります。
ツアーを企画する多くの会社では、ウェットスーツと濡れてもよいウェットシューズを貸してくれます。
自分で用意するのは、そのウェットスーツの下に着る水着、もしくは濡れてもよい薄手のシャツやパンツなどです。
ウェットスーツを着たら、ライフジャケットとヘルメットを貸してくれます。
もし川に落ちてしまった場合、ライフジャケットが命を救ってくれるケースもあるので、必ずしっかり装着するようにしましょう。
またヘルメットは、岩などに頭部をぶつけてしまうことを防ぎ、頭部を守ってくれる役目を果たします。
これも首のベルトをしっかりしめて装着するようにしましょう。

ラフティングの際の服装について

ラフティングとは川下りのことで、気軽に参加できるツアーを催す業者が全国各地で増えていることもあり、愛好者の多いレジャー活動になってきています。
参加の申し込み自体はとても簡単ですが、実際に楽しむ際には、けがなどを防ぐためにもしっかりと装備を整える必要があります。
大がかりな装備はツアー業者に準備してもらえますが、参加者側はあらかじめ自分の服装に配慮しておくことが大切です。
ラフティングを楽しむ際の服装は、季節によって変わります。
季節を通じて変わらない装備は、ヘルメット、ライフジャケット、リバーシューズなどですが、これらのものは、ほとんどの場合ツアー業者からレンタルできます。
したがって、参加者側は基本的な服装だけを準備しておけば十分です。
夏の場合は、水着の上にTシャツと半ズボンを着用するだけで済みます。
乾きやすい布地のものが最適です。
春や秋には、水の冷たさから体を守るため、まず長袖のスウェットやジャージを着用し、その上からウエットスーツ、ウエットジャケットなどを着る必要があります。
なお、ウエットスーツなどもレンタル可能な場合がほとんどです。

『ラフティング 服装』 最新ツイート

△ページTOP△