ラフティングに関する情報が満載!

ラフティングを楽しむ

ラフティングの内容と大会の概要

ラフティングというのは、レジャースポーツの1種で特殊なゴムボートに乗り、川の下流を漕いで越えていうというものです。
このボートに乗るのは4名~6名程度ですので、人数が揃わなければ行うことができないので注意してください。
次に、ラフティングで使用されるゴムボートが岩にぶつかって破れるといったことは少ないですが、手を怪我する可能性があります。
怪我をするリスクを下げるためにも、外側に出ているロープは必ず持つようにした方が良いです。
そして、ラフティングの大会についてですが、国内で行われている大会は数種類あり、共通して参加条件というものがあります。
それが、満18歳以上であることや開催場所で自己責任でレースができるだけの技術があること、大会主催主催者が提示する規則を守れる方と決められています。
また、基本的に18歳未満の方は保護者の同意があれば参加できるケースもあり、年齢別のレースもありますので、年齢差が不利になるということはありません。

熱を増すラフティング大会

ラフティングとは、小型のボートを使用して川下りをするレジャースポーツの事を言います。
急流を下ってスリルを楽しむスタイルが最も人気です。
アメリカで川の探検に木製の小型のボートが使用されていた事が始まりではないかと言われています。
第二次世界大戦後に皮のゴムボートが普及され、現在のラフティングのスタイルが確立され、世界にも人気が広まりました。
ラフティングには世界大会が存在しています。
日本が参加したのは、1999年に南アフリカのオレンジ川で行われた大会が初めての事でした。
日本のレベルは高く、初出場の年には3位に入賞しました。
2009年には、男女チームともに準優勝、2010年には共に優勝を獲得しました。
開催は世界だけではなく、日本の各地でも行われていて、人気が途絶えません。
中でも学生によって、企画運営されている「日本リバーベンチャー選手権大会」が、日本国内では最大級を誇る物として最も注目を浴びています。

Valuable information

通信コストの削減
http://line1.jp/

2015/7/3 更新

『ラフティング 大会』 最新ツイート

@yamiakanohayasi

ダーツの大会に出るためにマイダーツを揃え仕事終わりダーツバーに通い 走り屋のグループに入りドリフト族になり とあるサーキットの上位ランカーであったり ボルダリングとかラフティングとかシャワークライミングとか身体動かす系もやったりするよく分からない人<<<<

17時間前 - 2018年10月18日


@omozo_jrt

今日の「フォーカス徳島」・・・去年のラフティング、今年のウェイクボードと相次いで世界大会を開催した三好市で、ウォータースポーツを企業の研修などに使ってもらおうという取り組みが行われる。今後定着させることはできるのか、初日の様子を取… https://t.co/8Z9sRnt7ig

3日前 - 2018年10月16日


@Maehiyo318

交換留学生でもサークル入れるから、3つ入ってみた ・野营社 👉先々週ラフティング(ググってくれ)に連れていかれた。おい今冬だぞ、凍え殺す気か! ・民体社 👉中国駒。部費と駒買わされる。合計1400元🙂高いっすよ。更に大会出場費がかさむ

3日前 - 2018年10月15日


△ページTOP△